乾燥肌対策で肌荒れバイバイ! > 肌荒れ > 足の裏の荒れ対策

足の裏の荒れ対策

足の裏には体重がかかるので、防御反応が働いて、どうしても角質が厚く硬くなります。
この状態をタコといい、手にできるタコと同じです。

足の裏は皮脂腺が少ないので、乾燥しやすい部分です。
お手入れをしないと、皮膚がどんどん厚くなってしまいます。
皮膚が厚くなりすぎてしまうと、乾燥してヒビ割れしてきます。

足の裏の皮膚が厚くなってきたと感じたら、お風呂に入って皮膚が柔らかくなっているときに、軽石でこすって、余分な角質を落としましょう。
その後お風呂から上がったら、古くなった角質を取り除く働きがある「尿素」が配合された保湿クリームを塗りましょう。
こういったお手入れをこまめにしていれば、ヒビ割れにはならないと思います。

足の裏は乾燥しやすく荒れやすいので、こまめにお手入れをするよう心がけましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  乾燥肌対策で肌荒れバイバイ!  ↑上へ戻る