乾燥肌対策で肌荒れバイバイ! > 乾燥肌 > 乾燥肌について

乾燥肌について

健康な肌には、角質層に約30%の水分が含まれていると言われています。
この水分が30%以下になってしまったものが、「乾燥肌」です。

空気が乾燥して、湿度が30%以下になると、角質層から水分が蒸発しやすくなるので、乾燥肌になりやすいといえます。
ですが、人の肌には、もともと水分を守るための保湿成分があるので、たとえ湿度が0%になったとしても、保湿成分が働いていてくれさえすれば、水分は蒸発しないものなのです。
では、なぜ乾燥肌になってしまうのかというと、保湿成分をつくる力が低下してしまうのが原因です。
ですので、年齢とともに、肌は乾燥しやすくなっていきます。

それと、勘違いしやすいのが、油分と水分のことです。
肌の油分が少ないことと、乾燥肌かどうかということは、関係ありません。
乾燥肌というのは、肌の水分が少なくなったことで、油分が少なくなったことではないのです。
乾燥肌の反対はオイリー肌、というのは思い違いです。
ここを誤解しないようにしましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  乾燥肌対策で肌荒れバイバイ!  ↑上へ戻る