乾燥肌対策で肌荒れバイバイ! > 乾燥肌 > 肌の柔らかさ

肌の柔らかさ

肌が乾燥すると、肌が硬くなります。
肌が乾燥すると硬くなるのは、角質層が厚くなるからです。
肌が乾燥すると、角質のバリア機能が低下してしまうので、外からの刺激から肌を守ろうと、角質が厚くなるのです。

このとき、角質層を厚くするために、あわてて角質を作るため、未熟な角質細胞ができてしまうことがあります。

肌が乾燥する。
 ↓
角質のバリア機能が低下する。
 ↓
外からの刺激から守ろうと、角質を厚くする。(肌が硬くなる)
 ↓
あわてて角質細胞をつくるために、未熟な角質細胞ができてしまう。
 ↓
できそこないの角質層ばかりが厚くなる。

このような悪循環で、肌が乾燥すると、どんどん皮膚が厚く硬くなっていきます。
このような状態の対策は、まず、保湿です。
保湿とは、水分を与えることではなく、水分を保つことです。
そのためには、セラミドヒアルロン酸などの保湿成分を与えて肌の保水力を取り戻しましょう。

それと、厚くなりすぎた角質層を、ピーリングで少し取り去ってしまうのも有効のようです。
ピーリングとは、ピーリング剤を使って余分な角質をはがすお手入れのことです。
家庭用のピーリング剤には化粧水タイプもありますが、石鹸タイプのものの方が比較的肌に刺激が少ないようです。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  乾燥肌対策で肌荒れバイバイ!  ↑上へ戻る