乾燥肌対策で肌荒れバイバイ! > 乾燥肌 > セラミドで乾燥対策

セラミドで乾燥対策

保湿成分が入っている美容液を使っているのに肌が乾燥する、ということはありませんか?
このような場合には、セラミド配合の美容液を使ってみましょう。
ただ、セラミドが入っているのに値段が安いものは、セラミドの配合量があまりにも少なかったり、セラミドに似た働きをする別の成分が入っているだけだったりします。
セラミドは原価が高いので、セラミドがきちんと配合されている美容液は、どうしても値段が3000円以上くらいにはなってしまうのです。

セラミドは、肌の水分を守っている物質です。
肌からセラミドを奪うと、肌の水分量は、なんと約80%も低下してしまうそうです。
肌の水分を維持するのにもっとも重要なものが、セラミドなのです。

セラミドは水に溶けません。
ですが、水と結合して、「ラメラ構造」と呼ばれる構造をつくります。
ラメラ構造というのは、セラミドなどの角質細胞間脂質が、サンドイッチのように水分をはさみこんで、角質層の水分を閉じ込める構造のことです。
ラメラ構造に組み込まれた水分は、たとえ空気中の湿度が0%になったとしても、蒸発しません。
ものすごい保水力です。
肌の中に十分なセラミドがあれば、冬などの空気が乾燥する季節でも、肌は乾燥しないのです。

セラミド配合の美容液を使っているのに、肌が乾燥する、という人もいるかもしれません。
その原因としては、

 ・美容液のセラミドの配合量が少ない
 ・油分不足

…があります。
とくに、40代を過ぎると、肌の水分だけでなく油分も低下していきます。
油分不足の場合には、美容液の上からクリームを重ねると良いようです。

また、ピーリングでターンオーバーを高めると、セラミドは少しずつ増えていくようです。
ピーリングとは、ピーリング剤を使って余分な角質をはがすお手入れのことです。

注意として、肌のカサカサした乾燥がかゆみを伴っている場合には、ただの乾燥でなく、アトピー性皮膚炎の可能性もあります。
気になる場合には、お医者さんに診てもらいましょう。

セラミドとターンオーバー
セラミドはターンオーバーとともにつくられるので、年齢とともにターンオーバーが低下してくると、セラミドも減ってきます。
寝不足などの生活習慣の乱れも、ターンオーバーを低下させるので、セラミドが減ってしまいます。

セラミドと食事
セラミドはコレステロールのようなものからつくられています。
しかし、食事でコレステロールを摂っても、セラミドは増えません。
セラミドを含んでいるサプリメントを飲んでも、セラミドは増えません。
セラミドをつくるには、ターンオーバーを高めるしかないのです。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  乾燥肌対策で肌荒れバイバイ!  ↑上へ戻る