乾燥肌対策で肌荒れバイバイ! > 乾燥肌 > メイクののりが悪いとき

メイクののりが悪いとき

肌が乾燥すると、メイクののりが悪くなります。
こんなときは、どうしたら良いのでしょうか。

肌が乾燥すると、角質が厚くなるので、美容液などはなかなか浸透してくれません。
そんなときに役立つのが、保湿パックです。
保湿パックは、角質層の奥までうるおいを与えてくれるので、メイクののりが悪いときの即効ケアとして効果があります。

最近はシート状の保湿パックがよく出回っていますが、昔からある、固まるタイプのパックの方が効果が高いようです。
パックが肌の奥までうるおいを浸透させるのは、肌を密閉することで表面からの水分蒸発を防ぐことだからです。
シートパックでは完全に密閉することはできないので、シートの表面から水分が蒸発してしまいます。
ですので、シート状のパックよりも、固まるタイプのパックの方が効果的、というわけです。

肌にのばすと、石膏(せっこう)のように固まって、あとで水で洗い流すタイプの保湿パックが、いちばん効果的のようです。
乾燥しやすい冬場では、週に2回ほどこういった保湿パックを行うのが理想的といえます。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  乾燥肌対策で肌荒れバイバイ!  ↑上へ戻る